お金を借りる

身内からお金を借りる、ということを考えてみましょう。
まず、親からお金を借りる、というのが一番簡単な方法です。子供がサラ金や闇金に借金して路頭に迷うくらいなら…と考えたり、子供可愛さにお金を貸してくれることでしょう。そう言った意味では一番簡単な方法です。
兄弟もまた同じです。親に借りられないから、または、知られたくないから…と借りることなるわけですが、兄弟が既婚者であれば、借金の申し出をしても配偶者が貸すことを止めたりするでしょうが、「一族である」という意識が強かったり、また親が亡くなっていたりすると、困っているならば仕方がない、と貸してくれることもあるでしょう。
そして、友達ですが、これは全くの他人であり、お金を貸してくれ、と言われた段階で、言われた人は友達を辞めたほうがいいと思いますが、借金を申し込んできた人が、すごくいい人で、その人になら騙されてもいい、もしくは絶対にこの人は自分をだましたりはしないというゆるぎないものがあれば、貸してくれることもあるでしょう。

 

デメリットをまず考える

しかしながら、身内からお金を借りるということはそれなりのデメリットも抱えないといけないわけです。
借りた相手が親だからこそ、甘えてしまい、返済しなくなってしまったり、さらに借金を重ねてしまうこともよくあることです。これは貸すほうにも問題がないわけではありません。そこで甘やかしてしまうことで、子供はもっとお金に対してルーズになってしまい、借金のスパイラルに陥るからです。また、貸すことで将来に不安がよぎるようになり、結果として大事な親を悲しませる不孝者になってしまいます。

 

そして、兄弟。よく「兄弟は他人の始まり」といいます。借金が原因で小さいころから仲の良かった兄弟が絶縁、などという話はよくあることなのですが、他人と違い血がつながっている分、許容範囲は他人よりも広くても、これを超えてしまったら二度と修復はできないことがほとんどです。
最後に、友達。これが一番厄介かもしれません。こじれてしまった場合、最も大きな問題に発展します。友達辞めるとかならまだいい方で、殺人事件などに発展してしまうケースも少なくないです。たとえそこまでいかなかったにせよ、周りに吹聴されたりしたら、その友人1人だけではなく多くの人脈や社会的信用をなくしてしまうことになります。
身内からの借金は最後の手段。デメリットをよく考えてから申し込むべきです。

おすすめのカードローン

融資先

実質年率

借入限度額

審査スピード

WEB申込

4.5%〜18.0% 500万 申込み完了画面に表示 詳細

融資先

実質年率

借入限度額

審査スピード

WEB申込

オリックス銀行詳細へ 1.7%〜17.8% 最高800万円 ------ 詳細

融資先

実質年率

借入限度額

審査スピード

WEB申込

3.0%〜18.0% 最大800万 即日 詳細

融資先

実質年率

借入限度額

審査スピード

WEB申込

4.5%〜17.8% 1万〜500万 即日 詳細