お金を借りる

郵便局の融資

「どこかの金融機関でお金を借りよう」と考えているたいていの人は、銀行か消費者金融を頭に思い浮かべることとなるのではないでしょうか。一方で、とても身近な存在と言ってよい郵便局のゆうちょ銀行でも個人的にお金の借入や融資を受けられるのです。しかし、郵便局のカードローンは、実は「銀行カードローン」であることをご存知でしょうか?

 

郵便局のカードローンは「スルガ銀行カードローン」となります

郵便局のゆうちょ銀行が一般個人向けに提供しているカードローン【したく】は、実質的にはスルガ銀行カードローン【したく】となります。
つまり、スルガ銀行が提供しているカードローンを郵便局が代理するかたちで、各郵便局のゆうちょ銀行の店頭窓口などで販売促進していると言うことなのです。
また、郵便局のカードローンの審査は、郵便局のゆうちょ銀行が行うのではありません。郵便局には銀行や消費者金融のような審査業務に関するノウハウはないのです。そのことからカードローン【したく】の審査は、実質的にスルガ銀行が審査を行うかたちとなります。
審査基準は、スルガ銀行カードローンの基準に準ずることとなり、満20歳以上満70歳以下で継続した一定の安定収入があれば、アルバイトやパートでも日雇い派遣でも契約社員でも申し込めます。年金受給者もOKです。
カードローン【したく】を利用しての借入や融資は、郵便局からお金を借りるのではなく、スルガ銀行からの借入、融資となります。スルガ銀行カードローン【したく】は、金利が年7.0〜14.9%で、融資額は最大で500万円となります。担保や保証人は不要です。
審査は最短30分で審査結果を教えてくれますが、融資までには2〜6日ほど時間を要するので、即日の借入は難しいようです。そんなスルガ銀行カードローン【したく】は、他の銀行カードローンと比べると実質的にメリットはあるのでしょうか?

 

「郵便局カードローン」VS「銀行カードローン」

まず金利面から他の銀行カードローンと比較してみると、【したく】の金利は年7.0〜14.9%となる一方、三菱東京UFJ銀行は年4.6〜14.6%、三井住友銀行は年4.0〜14.5%、みずほ銀行だと年4.0〜14.0%となるので、他の銀行カードローンの方が金利ではお得になります。
銀行カードローンを選ぶ際には、なるべく金利の低いところを選ぶのは鉄則と言ってよいのです。なぜなら、
銀行カードローンを選ぶメリットは低金利さにあるからです。次に融資面を見ると、【したく】の最大融資額は500万円となります。融資額に関しては、他の銀行カードローンと見比べてもそれほど見劣りしてしまう印象はありません。ある意味「可もなく不可もない」といったところだと思われます。審査は最短30分なので銀行カードローンの中では早い方です。
が、審査後の融資までには2〜6日ほど時間がかかってしまうので、即日融資が可能な三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行などと比べるとデメリットさは否めないと思います。
手続き等に関しては、【したく】ではゆうちょ銀行223店舗での申し込みに加えてネット申込も可能となります。店頭窓口での申し込みを考えているなら、店舗数の多い【したく】の方が有利かもしれません。以上、金利や融資額については他の銀行カードローンの方が勝っていると言ってよく、他方で手続きなどの点では申し込める店舗数の多さで郵便局の【したく】の方が便利と言ってよいでしょう。そして、銀行カードローンとしてのトータルな魅力、トータルバランスの良さで言えば、三菱東京UFJ銀行をはじめとした他の銀行カードローンの方が魅力的と言ってよいのではないでしょうか。

郵便局からお金を借りる

郵便局で、お金を借りるには、ゆうちょ銀行の総合口座を持っていること、かつ総合口座で管理している定額・定期貯金や財形貯金を利用していることが必要です。貸付の条件は、定額・定期貯金と財形貯金のどちらを利用しているかによって異なります。

 

1冊の通帳につき300万円

 定額・定期貯金を利用している場合には、郵便局の総合口座の残高を超える払い戻し操作が行われると自動的に貸付が行われます。たとえば、残高が1万円しかないときに3万円の払い戻しを行った場合、定額・定期貯金を担保に2万円が自動的に貸し付けられます。この場合の貸付金額の上限は、定額・定期貯金への預け入れ金額の90%相当までです。また、その範囲を超えない場合でも、1冊の通帳につき300万円までとなります。利率は返済時の約定利率に0.25%が上乗せされます。返済回数や返済金額に規定はなく、総合口座に入金すると自動的に返済に充てられます。貸付期間は最長で2年です。ただし、貸付から2年間の間に貯金の満期が来る場合は、満期までの期間が郵便局での貸付期間となります。

 

財形貯金

 財形貯金とは、財形定額および財形年金定額貯金、財形住宅定額貯金のことです。これらを利用している場合、財形を担保としてお金を借りることができます。お金を借りる時点での貯金高の1割に相当する金額までを、1000円単位で借りることが可能です。貸付期間は、最長で2年です。たとえば、財形貯金に100万円の積み立てがある場合、10万円までの貸付が可能になります。ただし、貸付金額には上限があり、預け入れ金額に利子を足した金額の90%相当まで、その範囲内でも1契約につき300万円までが上限となります。貸付の相談や手続きは郵便局の窓口で行うことができます。返済回数は1回から4回の中から選択でき、利率は返済時の約定利率に0.25%が上乗せされます。

 

国債を担保に借りる

 もう一つの方法として、国債を担保にする制度があります。郵便局の総合口座で管理する国債を担保にお金を借ります。窓口で購入した国債の80%に相当する金額までお金を借りることができます。ただし上限は1名につき200万円までです。貸付期間は最長1年で、総合口座から残高以上の払い戻しが行われた際に自動的に貸付が行われます。利率は、貸付時の「1年ものの定期貯金の約定利率」に0.17%が上乗せされます。返済の際は、総合口座への入金で自動的に返済が行われ、回数や金額の規定はありません。

おすすめのカードローン

融資先

実質年率

借入限度額

審査スピード

WEB申込

4.5%〜18.0% 500万 申込み完了画面に表示 詳細

融資先

実質年率

借入限度額

審査スピード

WEB申込

オリックス銀行詳細へ 1.7%〜17.8% 最高800万円 ------ 詳細

融資先

実質年率

借入限度額

審査スピード

WEB申込

3.0%〜18.0% 最大800万 即日 詳細

融資先

実質年率

借入限度額

審査スピード

WEB申込

4.5%〜17.8% 1万〜500万 即日 詳細